hddの機能性、データ管理について学ぶ。

確認すべきポイント

信頼性は十分に確認しましょう

私達の社会活動において実社会で目にするモノだけがすべてではなくなった現在、インターネット等のサイバー空間における社会活動は非常に広大な空間となっています。サイバー空間におけるデータ管理は従来のような紙媒体の保管よりもコンパクトに処理が可能となりますが、データ量が膨大なためにデータセンターの需要が増えています。 データセンターはコンピュータ等の装置を設置して運用することに特化した施設です。利用者は自前で設備を用意するよりもコストを削減できる上に特化事業であるデータセンターに信頼性を担保することが一般的です。しかし、データセンターの管理状況は一様ではありません。サーバ利用においてセキュリティ上の深刻な問題が発生したという報告もありますので十分に信頼できる事業者を利用しましょう。

データセンターは日本にあるとは限りません

日本におけるデータセンターの利用者は当然、日本のデータセンターも日本国内のどこかにあると考えているかもしれません。しかし、データセンター自体にも当然維持・管理に膨大なコストが必要となります。 データセンターは膨大な通信回線を引き込みむので処理するための多くのコンピュータの設置とその発熱処理のための空調設備、災害時対応のための耐震構造や自家発電・蓄電池等のように必要な設備投資は多額になります。一方で利用者獲得のためには低額でサービスを提供しなければならないので維持・運営のコスト削減は必要不可欠です。そのため、サービス提供事業者が日本国内であってもデータセンターは運営費や人経費の安い国外にあるということがあり、トラブル発生時の対応が遅れる可能性も生じます。

Copyright (c) 2015 hddの機能性、データ管理について学ぶ。 all reserved.